アミノ酸シャンプーはノンシリコンシャンプー?

アミノ酸シャンプーはノンシリコンシャンプー?

ノンシリコンシャンプーと同様に、アミノ酸系のシャンプーも髪や頭皮に優しいと話題になっています。
それでは、アミノ酸系のシャンプーはノンシリコンシャンプーとどう違うのでしょうか?

アミノ酸とは?

まず、アミノ酸とは何かというと、たんぱく質の一種で人間の髪や皮膚を作り出しているものと同じ成分です。

アミノ酸は、人間の身体を作り出すために欠かせないもので、身体の約20%は、アミノ酸からなるたんぱく質でできていると言われています。
そんなアミノ酸が洗浄成分として配合されたシャンプーですから、アミノ酸系シャンプーが髪や頭皮に優しいのがお分かりになるでしょう。

どの商品がアミノ酸が多いか確認するには、成分表示の上の方にコ「グルタミン酸」「ヤシ油」「グリシン」「アラニン」などのアミノ酸が記載されているかどうかで判断できます。

アミノ酸系シャンプーのメリットとデメリット

アミノ酸系シャンプーは、身体を作り出す成分に近い成分で作られており、洗浄力が強すぎず刺激が弱いので、乾燥肌やアトピーの人でも安心して使えます

ふつうのシャンプーは、汚れをしっかり落とすことが目的なので、洗浄力が強すぎて、必要な皮脂まで落としてしまい、返って乾燥を招いてしまう恐れがあります。
ふつうのシャンプーが合わなかった人は、アミノ酸系シャンプーを試してみるといいでしょう。しかし、洗浄力があまり強くないということは、皮脂が多い人にとっては頭を洗ってもスッキリ落ちた感じがしなかったり、強力なワックスや整髪料を付けていると落としきれない可能性もあります。

アミノ酸系シャンプーは、とにかく地肌に優しいことを目的としているので、汚れをスッキリ落としたい時には向いていません。ふだんのシャンプーにはアミノ酸系シャンプー、汚れを落としたい時には洗浄力の強いものなど、使い分ける必要があると言えます。

ノンシリコンシャンプーとアミノ酸系シャンプーの違い

ノンシリコンシャンプーもアミノ酸系シャンプーも、頭皮に優しいという面では共通していますが、少し目的が異なります。

ノンシリコンシャンプーは、髪や頭皮を傷めてしまう可能性のある「シリコン」を取り除いたものであり、洗浄力は変わらず強いものが多いのです。
アミノ酸系シャンプーの中にも、シリコンを取り除いたものが多いのですが、アミノ酸を主とした洗浄力でやさしく洗い上げることが目的なので、洗浄力の強さにおいては、ノンシリコンシャンプーとは違いがあります。

その違いを明確に表すと、次のように分けられるでしょう。

*シリコンは使っていないけど洗浄力が強いノンシリコンシャンプー。

*極力頭皮にやさしく洗浄力は強くないのがアミノ酸系シャンプー。

トップへ戻る