ノンシリコンシャンプーの効果

ノンシリコンシャンプーを使い続けることで得られる効果って何?

ノンシリコンシャンプーとは、髪をコーティングして指通りをなめらかにするなどの効果をもたらす「シリコン」が配合されていないシャンプーのことです。

「シリコン」が髪や頭皮にダメージを与えたり、毛穴に残って詰まるといった噂が出まわり、オーガニックな化粧品や洗浄成分を求める人達を中心にノンシリコンシャンプーブームが巻き起こりました。

しかし、実際は「シリコン」が髪や頭皮にダメージを与えているという証拠はどこにもなく、ノンシリコンシャンプーメーカーが、化学薬品=体に悪い的な構図をつくり、それにによって人々が敬遠しはじめたのではないかと言われています。というわけで最近ではノンシリコンシャンプーの方が絶対に良い!という風潮ではなくなっており、シリコン入りでも問題ないというのが定説となっています。

シリコンが毛穴に詰まるという噂もありますが、これもシリコンだけに限った問題ではなく、その他の洗浄成分もしっかり洗い流さなければ毛穴に詰まると言われています。

要するにシリコンが悪いとかそういう問題じゃないってことです。

シリコンだけが特別に悪さをするわけじゃないけど、髪を洗うためのシャンプーには入っていてもいなくてもどっちでもいいからだったら入っていない方がいいよね。というのが最近の風潮といえます。

では、ノンシリコンシャンプーを選ぶ意味、ノンシリコンシャンプーを使うことによって得られる効果とは何なのでしょうか?

ノンシリコンシャンプーには刺激の少ない成分が多い

シリコン入りシャンプーは、多くの商品にラウレス硫酸などの安価かつ強力な成分が配合されています。洗浄成分が強力なので、髪が痛む可能性が高く、痛んでパサついた髪のパサつきを抑えるために髪をコーティングするシリコンが利用されます。

つまり、シリコン入りシャンプーには頭皮や髪にダメージを与えるレベルの強力な洗浄成分が入っていることが多く、それら成分によって頭皮や髪がダメージを受ける危険性があるということです。

ノンシリコンシャンプーの場合、シリコンによる髪へのコーティングができないので、多くの商品がシリコン入りシャンプーよりも頭皮や髪に優しい天然由来の洗浄成分が使用しています。安価な化学成分を利用しないのでその分製造コストが高くなり、シャンプー自体の料金も高くなります。ノンシリコンシャンプーにオーガニックシャンプーなどが多く、しかも高額なのはこういった理由からです。

刺激の少ない洗浄成分を使うことで頭皮や髪への刺激も最小限に抑えることができます。肌が弱い人、敏感肌の人、髪の痛みが激しい人でも安心して利用でき、肌荒れや髪のダメージを抑えることができるという効果が期待できます

頭皮脂が適切な状態に保たれるようになる

もう一つは、自然な洗浄成分を使うことで頭皮脂を必要以上に洗い流さずにすむという効果があります。健康な頭皮環境を維持するために一定量の頭皮脂が必要です。強力な洗浄成分で皮脂を取りすぎてしまうことで、皮脂が余分に分泌されてしまうようになります。皮脂を取りすぎることで逆に皮脂が増えてしまうというわけです。

最近のシャンプーには、洗浄力を抑え自然な皮脂の分泌を促す傾向があります。強力な洗浄成分をウリにしていた時代はもう終わったというわけです。

以上のようにノンシリコンシャンプーの働きを見ていくと、ノンシリコンシャンプーの効果とはノンシリコンであることだけが大事なわけではなく、そのシャンプーを構成している成分がナチュラルかつ、頭皮や髪にとって刺激が少ないかどうかが大事ということになってきます。

また洗髪方法大事です。洗浄成分をしっかり洗い流さなければ、せっかくノンシリコンシャンプーを使っても、頭皮や髪に洗浄成分が残ってしまい、結果としてダメージにつながることになります。シャンプーは必ずしっかりと洗い流すことを心がけましょう。髪をコーティングするシリコンがないことによって、ノンシリコンシャンプーの方が洗い流しやすいと言われています。

正しい使用方法でノンシリコンシャンプーを使い続けることで、過剰な頭皮脂除去を防ぎ、正常な頭皮脂の分泌を促し、本来の頭皮環境を取り戻すことができるはずです。頭皮が本来あるべき姿を取り戻すことで、自然で美しい自然な髪質を取り戻せるようになる。それがノンシリコンシャンプーの最終的な効果といえるでしょう。

ノンシリコンシャンプーの効果が出るまでの期間はどれくらい?

ノンシリコンシャンプーを使うことによって、

という効果がうまれ、最終的により良い頭皮環境や自然で艶やかな髪を手に入れる。これがノンシリコンシャンプーを使って得たい効果です。最終的な効果が得られるまでにはどれくらいの期間ノンシリコンシャンプーを使い続ける必要があるでしょうか?

ノンシリコンシャンプーを使ったらすぐ劇的に変わるというものではないんですね。逆に使ってすぐはマイナスの印象を持つ人が多いようです。

洗い上がりの髪をなめらかにコーティングするシリコンに慣れている人は、シリコンなしの状態に違和感を感じます。パサついたり、ゴワついたり、洗いあがりの髪がきしんだり。

でもそれが本来の髪の状態です。今まで得ていた滑らかさはシリコンによって得ていたものだと気づいてください。

そして自然派洗浄成分配合が多いノンシリコンシャンプーは、化学洗浄成分よりも泡立ちが悪かったりします。最近では天然洗浄成分でも泡立ちが良いシャンプーが増えてきましたけど、化学洗浄成分入りに比べたらやっぱり劣る気がします。

強力洗浄剤で皮脂を取りすぎることがなくなったのに、皮脂は今まで通り過剰分泌しますから、ベタつきを感じます。人によってはかゆみが出る人もいます。

結構最悪です。

ここで挫折せずに使い続けると、皮脂の過剰分泌がおさまりベタつきが減ります。適度な皮脂で髪にも潤いが出て、最初よりもパサつきやきしみが少なくなります。

本来あるべき自然な髪質を実感できるようになります。髪にとってストレスのない健康的な状態です。そうなるまでの期間は、最低でもノンシリコンシャンプー1本分くらいは様子を見る必要があるでしょうね。

私の場合シャンプー1本使い切るのに約1ヶ月とちょっとですが、大体1本使い切る頃には、新しいシャンプーになじんだ髪質になっている気がします。

髪の成長はヘアサイクルによって変わります。頭皮環境がよくなれば、その後に生えてくる髪質もよくなる可能性があります。

ヘアサイクルは髪が生えて成長する「成長期」と、生えている髪が弱ってきて抜け落ちてしまう「退行期」。そして、毛穴の中で生えてくるのを待つ「休止期」の三つの時期に分かれています。次に生えてくる髪が毛穴の中で過ごす休止期は約2~3ヶ月程度と言われているので、少なくともノンシリコンシャンプーを使いはじめて2~3ヶ月後にはノンシリコンシャンプー使用後の頭皮環境の影響を受けたであろう毛が生えているということになります。

ノンシリコンシャンプーを使い続けた結果、頭皮や髪質が良くなったらそのまま使い続けましょう。

低刺激であることが多いノンシリコンシャンプーを使うことで、皮膚が弱い人は頭皮環境がよくなる可能性があります。

何度も言っている通り、シリコンが関係しているわけではなく、洗浄成分の強さが問題です。敏感肌だったり、皮膚が弱めだったりする人は、洗浄成分の刺激で肌が荒れるんです。これは頭皮に限らず何でもそうです。

使い続けて、頭皮環境が改善したのであれば、それはあなたに合っていたということなのでそのまま使い続けてください。逆に何も変わらなかったらほかのシャンプーに変えてもいいです。皮膚炎などの炎症を起こしている場合は、シャンプーを変えただけでは改善しないので、病院に相談してください。

シャンプーはあくまで頭皮と髪を洗うためのもの。お薬ではないことをお忘れなく。

ノンシリコンシャンプーが合わない髪質ってあるの?

使いはじめの人に多いのが、

「わたし、ノンシリコンシャンプー合わない髪質かも……。」

という台詞。

シリコンでコーティングしない分、それまでよりは滑らかさを感じないようになります。パサつき、きしみを感じる人もいます。そして、髪質によってはそれが耐えられないレベルで起こる人もいるのです。

シリコンでコーティングしない分まとまりがなくなるので、ただでさえまとまりにくい髪質の人はノンシリコンシャンプーの洗礼に自分には合わないと感じてしまうのです。

頭皮脂が多すぎる人は、ノンシリコンシャンプー使用当初は、異常なベタつきを感じるかもしれません。人によってはかゆみも併発するかも。

これは、今まで使っていた強力洗浄剤のせいで頭皮脂が過剰に除去されていたおかげで、頭皮脂が過剰分泌してしまうことによっておきています。必要以上に頭皮脂が除去されると、足りない皮脂を補うようにより多くの皮脂を分泌するようになります。過剰分泌されているのに、ノンシリコンの優しい洗浄成分に変えたことによって、皮脂が除去されなくなる。よってベタついているように感じる。というわけです。

これはノンシリコンシャンプーを使い続けることで皮脂の分泌が正常な状態に落ち着いてくるはずです。落ち着かない場合は、皮脂が過剰に分泌することで発症する脂漏性皮膚炎などの症状が出ている可能性があります。カビ菌が原因の病気なのですみやかに病院へ行ってください。

ノンシリコンシャンプーを使ったあとは本来の髪の状態に戻っている状態です。コーティングされてまとまりやすくなった髪質に慣れてしまった人にとって違和感を感じることは仕方ありません。髪質によっては苦痛にすら感じるかもしれません。

ノンシリコンシャンプーでもコーティング成分が入っているシャンプーを選んだり、シリコン入りでも洗浄成分が天然由来で刺激が少ないシャンプーもあります。選択肢はいろいろあります。いろんなシャンプーが出ていますから。一つのシャンプーにこだわることなく自分に合うシャンプーを探してみてください。

ノンシリコンシャンプーの効果まとめ

使いはじめ

  • 髪がパサつく
  • 髪がきしむ
  • ベタつきを感じる
  • かゆみが出る

ノンシリコンシャンプーの使いはじめは、シリコン入りシャンプーに慣れてしまった人にとっては苦痛でしかないような状態が続きます。

使い続けた結果

  • ベタつきがなくなる
  • 髪が軽くなる
  • 頭皮の状態がよくなる
  • 肌荒れがおさまる

すべてが自然な状態になります。皮脂もいい感じに分泌されて、強制的に除去されるようなことがなくなります。敏感肌で肌荒れが酷かった人はやさしい洗浄成分のおかげで肌荒れが改善します。

コーティングされていない自然な髪になるので軽さが出てきます。髪のまとまりもシリコン入りシャンプー使用時よりはありませんが、徐々に慣れてくるはずです。皮脂といい感じになじんで落ち着いてくる場合もあります。

髪質によってはまとまらなさがハンパないと感じる人もいるのでその場合は違うシャンプーも試してみてください。

シリコン入りかノンシリコンかが大事なのではなく、正しい洗髪の仕方が大事なのはもちろんですが、シリコン以外のシャンプー成分も非常に重要になってくるということを覚えておきましょう。

トップへ戻る