ノンシリコンシャンプーでかゆくなるのはなぜ?

ノンシリコンシャンプーでかゆくなるのはなぜ?

ノンシリコンシャンプーが髪や頭皮にいいと聞いて使い始めたけれど、シャンプー後にとてもかゆくなってしまったことはありませんか?

私も初めてノンシリコンシャンプーを使った時は、今までにないくらいのかゆみを感じて、その後も使い続けて髪質は改善されたのですが、毎回かゆみを感じ続けていました。
そのシャンプーを勧めてくれた人は、特にかゆくなることはなかったそうなので、どうやら個人差もあるようです。

ノンシリコンシャンプーを使うことでかゆくなるのはなぜなのでしょうか?

頭皮のかゆみの原因

そもそも、頭皮がかゆくなる原因にはいくつか考えられます。

まず、皮脂が過剰に分泌されて雑菌が繁殖して炎症を起こすこと。頭を洗えない日が数日続くとかゆくてたまらなくなるのはこのせいでしょう。
しかし、ノンシリコンシャンプーによるかゆみは、頭を洗った直後、髪の毛を乾かしている時点に発生することもあります。
その場合考えられる原因は、乾燥や頭皮の傷シャンプーのすすぎ残しなどによる刺激があります。

*乾燥

ノンシリコンシャンプーは、シリコンが入っていないので、シリコンによって毛穴がつまったり髪の傷みを加速させてしまう心配はありません。

しかし、ノンシリコンシャンプーでも、ラウリル硫酸などの界面活性剤の洗浄成分が含まれていると、その強い洗浄力によって頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまう恐れがあります。
そうすると、かゆみが強くなったり、頭皮のターンオーバーがうまくいかず、頭皮の古い細胞が大きい塊のまま剥がれ落ちてフケとなってしまいます。

かゆいとついつい頭皮を掻いてしまって、ポロポロフケが落ちてくるなんてこともあります。
毎日シャンプーして清潔を保っているはずなのに、それが逆にかゆみやフケの原因になってしまうこともあるのです。

*摩擦や頭皮の傷などの刺激

シリコンがあることによって、シャンプーする時の泡立ちやすべりを良くし、摩擦を抑えてくれる役目も果たしているのです。

ノンシリコンシャンプーはシリコンが入っていないので、シャンプーする時の泡立ちがよくなかったり、洗う時に摩擦が起こって頭皮を傷つけてしまう恐れがあります。
また、シリコンが入っていないことから、指通りが悪くなって、シャンプーをしっかり落としきれていない可能性もあります。

こうしたことから、頭皮に刺激が与えられ、小さな炎症が起こってかゆみが発生してしまうのです。

頭皮のかゆみ対策

かゆみを発生させないようにするには、これらの原因を取り除く必要があるでしょう。

まず乾燥ですが、洗浄力が強すぎることで起こる乾燥は、ほかのシャンプーに変えることがもっとも手っ取り早いのですが、どうしても最後まで使い続けたい場合には、乾燥しにくく刺激を極力与えないようにする必要があります。
頭を洗う時は熱いお湯は使わず、ぬるま湯のほうが刺激になりません

また、洗う時も爪を立てずに指の腹で優しく洗うようにして、すすぎもきちんとシャンプーを落としきるようにていねいにします。
これだけでも、だいぶ改善できるとは思いますが、どのシャンプーが自分に合うかどうかは、その人の髪質や体質などが大きく関わってきます。

まずシャンプーを買う前に、ミニサイズの試供品で使い心地を試したり、自分に合わなかった商品の成分が入っているものは避けたりして、自分に合うものを見つけるのが一番の対策方法と言えます。
シャンプーを変えるまでは、乾燥を防ぐために頭皮の保湿用のオイルやローションを使うのもおすすめです。

トップへ戻る